.

雑誌の宣伝広告、ゴシップ紙、電柱に貼られたチラシや郵便広告で、「債務の効率化任せてください」「借金を一本化しませんか」という広告を目に入れることがありませんか。こういったものは、「整理屋」「買取業」「紹介屋」という通称の企業の宣伝の場合があるのです。こういったものを申し込んだ場合では破産フローの中で最も大切な免責認可を得られない危険性が存在します。「整頓屋」では宣伝などで多重債務者を引き寄せ費用を受け取って整理をしますけれど、結局は整理はされず、債務人はより一層の負債スパイラルに陥ってしまう結末が大方になります。「買取業者」の場合は、負債人の分割払いで電化用品、飛行機のチケットを限界まで買わせて、依頼者からこれらの品目を売値の2割〜額面半値で買い直すというやり方のようです。債務人はキャッシュが増えますがクレジット企業経由の商品価格の定額の支払いが届き、実際は借金額を悪化させるだけです。このケースではカード業者へ詐欺に当たるとして免責許可を受けられなくなります。「つなぎ業者」というのは、名の知れた貸金業者から断られるようになった負債者に関して融通はしないで、資金提供をする企業を教え、高いサービス料を出させる会社です。紹介屋は自分の手引きで資金提供可能になったというふうに話しますが、実際には特に何もせず、種は簡単で審議のゆるいルートを知っているだけなのです。この場合だと実際のところ借金額を増やすこととなります。